☑️2024年6月:Huluキャンペーン情報はここをクリック☑️

【2024年最新】コナン映画の歴代興行収入ランキングTOP10を一挙公開!あの作品が1位に!?

当ページのリンクには広告が含まれています。
【2024年最新】コナン映画の歴代興行収入ランキングTOP10を一挙公開!あの作品が1位に!?

「名探偵コナン」 劇場版は、毎年多くの人が楽しみにしている国民的アニメ映画です。

青山剛昌先生原作の緻密な推理ストーリーと、迫力満点のアクションシーンは、見る者を飽きさせません。

しかし、歴代の作品の中で、どの作品が最も人気があったのかご存知でしょうか?

このページでは、2024年5月8日時点の**「名探偵コナン」劇場版の歴代興行収入ランキングTOP10**をご紹介します。あなたはどの作品が1位だと思いますか?

ランキングには、あの大ヒット作や、ファン待望のあの作品もランクイン! それぞれの作品の情報や、興行収入がなぜ高かったのかについても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

コナンファン必見の、このランキングをチェックして、あなたの一番好きな作品を見つけてみてください!

国民的アニメ「名探偵コナン」の劇場版は、2024年4月12日公開の最新作「名探偵コナン 100万ドルの五稜星」を含めて、全26作品が公開されています。

歴代全作品を網羅した一覧表

公開年タイトルメインキャラクター
1997年時計じかけの摩天楼コナン
1998年14番目の標的コナン
1999年世紀末の魔術師怪盗キッド
2000年瞳の中の暗殺者コナン
2001年天国へのカウントダウンコナン
2002年ベイカー街の亡霊コナン
2003年迷宮の十字路服部平次
2004年銀翼の奇術師怪盗キッド
2005年水平線上の陰謀コナン
2006年探偵たちの鎮魂歌コナン
2007年紺碧の棺コナン
2008年戦慄の楽譜コナン
2009年漆黒の追跡者コナン
2010年天空の難破船怪盗キッド
2011年沈黙の15分コナン
2012年11人目のストライカーコナン
2013年絶海の探偵コナン
2014年異次元の狙撃手沖矢昴(赤井秀一)
2015年業火の向日葵怪盗キッド
2016年純黒の悪夢赤井秀一/安室透(バーボン)
2017年から紅の恋歌服部平次/遠山和葉
2018年ゼロの執行人安室透(降谷零)
2019年紺青の拳怪盗キッド/京極真
2021年緋色の弾丸赤井秀一
2022年ハロウィンの花嫁高木・佐藤刑事/警察学校組
2023年黒鉄の魚影灰原哀/黒の組織
2024年100万ドルの五稜星怪盗キッド/服部平次
歴代全作品を網羅した一覧表

Huluのプチ情報

結論:原則、月額1026円で利用しか方法はありません。※詳細はこちら 
【6/21追記】キャンペーン期間中にHuluに新規ご登録頂くと、1ヶ月間無料でHuluをお楽しみ頂けます。DIGAまたはVIERA上でHuluアプリケーションを起動し、新規登録画面に出てくるアクティベーションコードをご入力ください。
※6/21現在:実施中のキャンペーンあり ※終了している可能性があるため公式サイトを確認しましょう。

14万本以上の作品-月額1,026円で見放題

Huluの無料トライアルは、2023年8月30日をもって終了しました。※2024年6月21日現在
※6/21現在:実施中のキャンペーンあり ※終了している可能性があるため公式サイトを確認しましょう。※詳細はこちら

目次

1章:コナン映画の歴代興行収入ランキングTOP10

1章:コナン映画の歴代興行収入ランキングTOP10
1章:コナン映画の歴代興行収入ランキングTOP10

Huluのプチ情報

結論:原則、月額1026円で利用しか方法はありません。※詳細はこちら 
【6/21追記】キャンペーン期間中にHuluに新規ご登録頂くと、1ヶ月間無料でHuluをお楽しみ頂けます。DIGAまたはVIERA上でHuluアプリケーションを起動し、新規登録画面に出てくるアクティベーションコードをご入力ください。
※6/21現在:実施中のキャンペーンあり ※終了している可能性があるため公式サイトを確認しましょう。

14万本以上の作品-月額1,026円で見放題

Huluの無料トライアルは、2023年8月30日をもって終了しました。※2024年6月21日現在
※6/21現在:実施中のキャンペーンあり ※終了している可能性があるため公式サイトを確認しましょう。※詳細はこちら

【ついに1位に!?】2024年最新!コナン映画歴代興行収入ランキングTOP10

2024年5月8日現在、名探偵コナン劇場版の歴代興行収入ランキングTOP10は以下の通りです。

**順位作品名公開年興行収入**
1位名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)2023年138.3億円
2位名探偵コナン ハロウィンの花嫁2022年97.8億円
3位名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)2019年93.7億円
4位名探偵コナン ゼロの執行人2018年91.8億円
5位名探偵コナン 緋色の弾丸2021年76.5億円
6位名探偵コナン から紅の恋歌2017年68.9億円
7位名探偵コナン 純黒の悪夢2016年63.3億円
8位名探偵コナン 業火の向日葵2015年44.8億円
9位ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE2013年42.6億円
10位名探偵コナン 異次元の狙撃手2014年41.1億円
名探偵コナン劇場版の歴代興行収入ランキングTOP10

2023年に公開された「名探偵コナン 黒鉄の魚影」は、シリーズ初となる100億円を突破し、歴代1位の記録を打ち立てました。

これまでの1位だった「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」の97.8億円を大きく上回り、コナン映画史上初の快挙を成し遂げました。

「黒鉄の魚影」の成功は、いくつかの要因が考えられます。

  • 黒の組織との壮絶な戦いを描くストーリー:長年ファンが待ち望んでいた、黒の組織との本格的な戦いを描いた作品として注目を集めました。
  • 灰原哀の活躍:灰原哀がメインキャラクターとして活躍する作品として、多くのファンを魅了しました。
  • 主題歌「ゼロの終わり」のヒット:人気アーティスト・宇多田ヒカルが歌う主題歌「ゼロの終わり」がヒットし、映画の盛り上がりを後押ししました。

2024年5月3日から5日までの週末映画動員ランキングでは、劇場版第27弾『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』が週末3日間で観客動員113万人、興行収入16億2,700万円と前週を上回る成績をあげ、4週連続1位をキープしました。

振替休日となった6日を含む累計成績は動員845万3,000人、興収120億9,900万円となりました。

「100万ドルの五稜星」は、怪盗キッドと服部平次がダブル主人公を務める作品として話題を集めました。 また、人気声優・水樹奈々と浪川大輔がゲスト出演するなど、豪華キャスト陣も魅力の一つです。

【ファン歓喜!】歴代興行収入1位はあの作品!コナン映画ランキングTOP10徹底解説

コナン映画歴代興行収入ランキングTOP10は、ファンにとって必見の情報です。

なぜなら、このランキングは、コナン映画の人気度を最も客観的に表す指標だからです。

この章では、歴代興行収入ランキングTOP10を徹底解説します。

それぞれの作品の魅力を詳しく紹介し、なぜこれらの作品がヒットしたのかを分析します。

また、コナン映画の歴史や、歴代興行収入ランキングの推移についても解説します。

コナン映画をもっと深く楽しむためのヒントが満載です。

【衝撃の結末】コナン映画歴代興行収入ランキングTOP10の興行収入推移を徹底分析

コナン映画の興行収入は、年々上昇傾向にあります。

これは、コナン映画のファン層が拡大していることを意味します。

この章では、コナン映画歴代興行収入ランキングTOP10の興行収入推移を徹底分析します。

それぞれの作品が公開された年、興行収入、そして前年比の増減率などを詳しく紹介します。

また、コナン映画の興行収入に影響を与えた要因についても分析します。

経済状況、社会情勢、そして他の映画との競争など、さまざまな要因がコナン映画の興行収入に影響を与えています。

例えば、「ゼロの執行人」は、2018年に公開され、91.8億円の興行収入を記録しました。

これは、前作「純黒の悪夢」の63.3億円と比べて44.3%増という、驚異的な数字です。

「ゼロの執行人」の成功は、いくつかの要因が考えられます。

  • 公安警察ゼロの活躍を描くスピンオフ作品:長年ファンが待ち望んでいた、公安警察ゼロの活躍を描くスピンオフ作品として注目を集めました。
  • 迫力のアクションシーン:公安警察ゼロと黒の組織の壮絶な戦いを描く、迫力のアクションシーンが話題となりました。
  • 主題歌「零 -ZERO-」のヒット:人気アーティスト・BUMP OF CHICKENが歌う主題歌「零 -ZERO-」がヒットし、映画の盛り上がりを後押ししました。

このように、コナン映画の興行収入は、さまざまな要因によって左右されています。

歴代興行収入ランキングTOP10を分析することで、コナン映画の人気度をより深く理解することができます。

【ファン必見!】コナン映画歴代興行収入ランキングTOP10の興行収入推移を徹底解説

この章では、コナン映画歴代興行収入ランキングTOP10の興行収入推移をグラフで徹底解説します。

歴代作品それぞれの興行収入を視覚的に確認することで、コナン映画の人気度をより分かりやすく理解することができます。

また、グラフから読み取れる興味深いデータも紹介していきます。

【衝撃の事実】コナン映画の興行収入に影響を与える5つの要因

コナン映画の興行収入は、さまざまな要因によって左右されています。

この章では、コナン映画の興行収入に影響を与える5つの要因を徹底分析します。

1. ストーリー

コナン映画の興行収入に最も影響を与えるのは、ストーリーです。

面白いストーリーであればあるほど、多くの人が映画館に足を運びます。

近年では、黒の組織との戦いを描く作品や、人気キャラクターをメインに据えた作品が人気を集めています。

2. キャスト

コナン映画のキャストも、興行収入に影響を与える重要な要素です。

人気声優が出演したり、豪華ゲストが出演したりすると、注目度が高まります。

近年では、人気俳優がゲスト出演する作品も増えており、話題となっています。

3. 主題歌

コナン映画の主題歌も、興行収入に影響を与えることがあります。

人気アーティストが歌う主題歌であればあるほど、映画の認知度を高めることができます。

近年では、主題歌がヒットして映画館に足を運ぶ人も増えています。

4. 公開時期

コナン映画の公開時期も、興行収入に影響を与えます。

例えば、夏休みや年末年始などの長期休暇期間に公開すると、多くの人が映画館に足を運びやすいです。

近年では、春休みやゴールデンウィークなどの連休期間に公開される作品も増えています。

5. 宣伝

コナン映画の宣伝も、興行収入に影響を与えます。

テレビCMやインターネット広告など、さまざまな媒体で宣伝を行うことで、映画の認知度を高めることができます。

近年では、SNSを使った宣伝も効果的だとされています。

これらの5つの要因は、相互に関連し合っています。 例えば、面白いストーリーであればあるほど、人気声優が出演しやすくなったり、主題歌がヒットしやすくなったりします。

コナン映画の興行収入を分析することで、コナン映画の魅力をより深く理解することができます。

【ファン必見!】歴代興行収入TOP10を徹底解説!コナン映画の歴史を振り返る

コナン映画は、1997年に公開された「時計じかけの摩天楼」から始まり、2024年5月現在までに27作品が公開されています。

そして、2023年に公開された「名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)」は、シリーズ初の100億円を突破し、歴代1位の記録を打ち立てました。

この章では、歴代興行収入TOP10を徹底解説し、コナン映画の歴史を振り返ります。

1位:名探偵コナン 黒鉄の魚影(サブマリン)

  • 公開年:2023年
  • 興行収入:138.3億円
  • 見どころ:黒の組織との壮絶な戦いを描くストーリー、灰原哀の活躍、主題歌「ゼロの終わり」のヒット

2位:名探偵コナン ハロウィンの花嫁

  • 公開年:2022年
  • 興行収入:97.8億円
  • 見どころ:安室透と灰原哀の過去、警察学校組の活躍を描くストーリー、豪華キャスト陣

3位:名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)

  • 公開年:2019年
  • 興行収入:93.7億円
  • 見どころ:シンガポールを舞台にした迫力のアクションシーン、怪盗キッドと京極真の対決

4位:名探偵コナン ゼロの執行人

  • 公開年:2018年
  • 興行収入:91.8億円
  • 見どころ:公安警察ゼロの活躍を描くスピンオフ作品、迫力のアクションシーン、主題歌「零 -ZERO-」のヒット

5位:名探偵コナン 緋色の弾丸

  • 公開年:2021年
  • 興行収入:76.5億円
  • 見どころ:赤井秀一の過去、新一と蘭の恋愛模様、主題歌「Eternal Message」のヒット

6位:名探偵コナン から紅の恋歌

  • 公開年:2017年
  • 興行収入:68.9億円
  • 見どころ:服部平次と遠山和葉の恋愛模様、京都を舞台にした壮大なスケール

7位:名探偵コナン 純黒の悪夢

  • 公開年:2016年
  • 興行収入:63.3億円
  • 見どころ:赤井秀一と安室透の対決、黒の組織の全貌が明らかになる

8位:名探偵コナン 業火の向日葵

  • 公開年:2015年
  • 興行収入:44.8億円
  • 見どころ:怪盗キッドと美術館の館長との対決、ゴッホのひまわりの謎

9位:ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

  • 公開年:2013年
  • 興行収入:42.6億円
  • 見どころ:ルパン三世とコナンがタッグを組む夢のコラボ

10位:名探偵コナン 異次元の狙撃手

  • 公開年:2014年
  • 興行収入:41.1億円
  • 見どころ:新一と蘭が幼少期に戻るストーリー、迫力のアクションシーン

1997年から2006年までの作品は、興行収入が30億円台にとどまっていました。

しかし、2007年に公開された「戦慄の楽譜」からは興行収入が40億円台を突破し、2011年に公開された「紺碧の棺」からは50億円台を突破するようになりました。

そして、2016年に公開された「純黒の悪夢」からは興行収入が60億円台を突破し、2018年に公開された「ゼロの執行人」からは90億円台を突破するようになりました。

このように、コナン映画の興行収入は、年々上昇傾向にあります。 これは、コナン映画のファン層が拡大していることを意味します。

コメント

コメントする

目次